猫にとってもまたたびとはどんなものでどんな効果があるのかを解説していきましょう

猫の好物、というとイメージとして一番最初にあがるのはやっぱりまたたびではないでしょうか。
ネコ科の動物は、またたびを嗅がせると酔っ払うなんていいますがあれはどういう物なのか、ということについてを詳しく解説していきましょう。

猫にとってまたたびとは何か

猫にとってまたたび、というのは言ってみれば興奮剤や媚薬の香りのような物に近いです。
猫がまたたびを嗅ぐと転がったり頭を擦り付けたり興奮状態になることから酔っ払っている、というふうに称すことがありますが人間がアルコールを摂取して酔っ払っているのとはメカニズムが違います。
またたびには、アクチニジン、マタタビラクトンという成分が入っており脳の中枢神経を刺激して軽度の麻痺状態にさせるものなんですね。
ハーブなどにも近い物があるのですが実は猫がなぜこんな行動をするのか科学的には解明されていない、猫の謎の一つなんです。

またたびを与えること

基本的に、またたびを与えることに関しては危険はそれほどありません。
ですが、先程も言ったとおりまたたびは脳に作用するものなので当然ですが上げすぎてしまうと脳に負荷をかけてしまうことになりますので気をつけましょう。
飼い猫がまたたびを初めて嗅ぐ場合は、粉末状のまたたびを少し上げるようにして匂いを嗅がせるところから初めてみましょう。
ただ、出来るだけ成猫になってからの方がいいでしょうね、小さい猫の場合またたびに反応しないこともあるようです。
当たり前ですがまたたびは食べ物ではないのでご飯や水に混ぜてしまったりしないように気をつけましょう。

またたびの種類について

またたびには実は色んな種類があるですね。
まるごとのままの木の形の物だったり、粉末状の物だったりするのですが種類によって効果が違います。
またたびは、原型の形になるほど効果が強くなる傾向にあり粉末の物はそれほど効果が強くはないです。
なので、またたび初心者の猫にあげるならまずは粉末から始め、それが好きなようであれば液体、実、枝、葉という順番にしてあげるといいでしょう。

またたびを上げることのメリット

一番は猫にとって一緒の娯楽のようなものになることです。
だから、食欲がない時や元気が無いときなんかは少量あげてあげると興奮して喜ぶということもあるんですね。
他にも、運動嫌いで太ってきた猫を運動させるときなんかにも効果があるんですね。
玩具で遊ばせたい時、粉末や液体の物を塗りつけておくと効果があります。