とにかく外の世界に興味あり!ドライブや散歩が大好きだったにゃんこ

アメリカンショートヘアのにゃんこは、とにかく外に出るのが大好きなオス猫でした。もしかしたら、自宅を出て広い世界を旅したい夢があったのかもしれません。車で家族とドライブしたときも、窓の外の景色を食い入るように見つめていました。それに、中庭を散歩するのも大好きでした。

ドライブ中に窓の外をずっと見つめる

家族でにゃんこと一緒に、ドライブしたことも何回かあります。にゃんこはその頃、ちょうど子猫の時期を脱したぐらいの年齢でした。

ドライブしている間、ずっと二本足で立ち、車の窓に寄りかかって食い入るように窓の外を見つめていました。きっと、にゃんこには外の景色がとても珍しかったのでしょう。

自宅では中庭以外に出たことがなく、毎日家の中で飼われていましたから、若いオス猫のにゃんこには、広い世界を旅したいという願望があったのかもしれません。

とにかく外に出るのが大好き

にゃんこは、時々家の中庭に出て外の風を浴びるのが大好きでした。また、父がリードと呼ばれる紐を首に付けて中庭を散歩させてくれるのが大のお気に入りでした。

中庭の散歩は父だけがするイベントだったので、父が休みで家にいる日はにゃんこが父の動向を必死になって見守っていました。父が玄関のドアを出て中庭に来たのを窓から見つけると、ニャンニャン鳴いて外に出してくれと要求します。

父がリードを首に付けて中庭を散歩してくれると、庭にある木の根元にマーキングをしていきます。これは、オス猫が「ここは自分の縄張りだ」ということを示すために本能的なおこなう行為です。

野良猫とケンカすることもあった

にゃんこは、とても外に興味があるようでした。外に出ると野良猫がやってきてケンカになることも時々ありましたが、絶対ににゃんこは負けていませんでした。

可愛い顔をしているのに気が強くて、負けん気があったのです。にゃんこは、案外野良猫になっていたら、一番のボス猫になっていたかもしれません。

それぐらい、負けん気が強かったのです。

猫は気まぐれじゃなくてマイペースな動物、それが魅力的!

近年は空前の猫ブームとなっていますが、猫を飼育するうえで大切なことをご存知でしょうか?「ただのペット」だなんて思っていたら猫にとってもかわいそうです。猫にもしっかりと意思があるということを知っておいてほしいのです。

猫は気まま、は鉄板

一昔前は「猫は気まぐれ」というのが当然の認識でしたが、最近は「猫は甘えん坊」という声も多くなり、実際「うちの猫はずっとべったりで大変」なんて飼い主さんもいます。ですが、すべての猫がそうやってべったり甘えん坊になるわけではありません。
子猫のうちから飼い始めてずっと一緒に時間を過ごしているのであれば甘えん坊になる確率も高いですが、成猫になってから飼い始めた猫は特に警戒心が強く、いつまでたっても冷たい態度をとることもしばしばあります。

それを見て「私はネットで見るような甘えん坊の猫が欲しかった」なんて言って捨ててしまう人も悲しいですが、実在するのです。これは人間の自分勝手なもので猫にはなんの罪もありません。
猫に甘えてほしいのであれば、まずは自分が猫に対して誠意を込めたお付き合いをしていきましょう。猫はきちんと人のことを見ています。
家族で飼育している猫は、ご飯をくれたりいつも声をかけてくれたり、自分のお世話をしている人に一番なつきます。ですから、自分が猫に対して何もしていないのに「猫が懐かない」というのは勝手な解釈なのです。

猫は気まぐれで冷たいといいますが、マイペースを大切にしているだけなのかもしれません。眠たいときには寝て、かまってほしいときには構ってもらう。人間にとってはとてもうらやましい生活に見えますが、それが猫のリズムだという事を理解しておきたいですね。

猫から来るのを待とう

猫が膝に乗りたい人、かまってほしい人は猫が自分で決めます。もしも自分が猫にかまわれないという人は、猫にとって嫌なことがあるのかもしれません。そういう時はかまわれている人をよく見てみて自分にないものを探しましょう。

猫の気持ちや感情は、シッポの動きを見れば簡単に読み取ることができる!

猫は気持ちがすぐにしっぽに表れます。しっぽの動きや状態で、猫の機嫌や考えていることがわかるのです。

甘えたいとき

猫はしっぽをピンとまっすぐに立てる時があります。子猫が母親に居場所を知らせたり、おしりをなめてもらうための動作なのですが、飼い主にもしっぽを立てて近づいてくることがあります。これは甘えたいときに見せる動作です。よほど信頼している相手にしか見せず、撫でてほしかったり、水やご飯などをねだったりする際に見られます。

不機嫌なとき

イライラしているとき、猫はしっぽをぱたぱたと素早く左右に振ります。しつこくちょっかいを出したり、乱暴に扱ったりするとよく見られます。抱っこをしたときに、素早くしっぽを動かすのも、機嫌が悪い証拠です。無理にさわったり、抱いたりせずに、そっとしておいてあげましょう。本気で怒りだすと、「シャーッ!」と威嚇をして引っ掻いたり、噛みついたりしてきます。

しっぽを動かしていても、動きがゆっくりな場合には問題ありません。猫の気持ちは直にしっぽに表れます。動きがゆっくりしているときはのんびりした気持ちでいるので、機嫌が悪いわけではないのです。しっぽの動きが大きい場合には激しい感情を、小さい場合にはちょっとした感情を抱いています。

怖がったり、威嚇をしているとき

猫が毛を逆立てて、しっぽを大きく膨らませているときがあります。敵と遭遇したり、大きな音がして驚いたりして、興奮状態になると、全身の毛が逆立ちしっぽが大きく膨らんで見えます。相手に対して威嚇をし、自分が大きくて強いことを示そうとしています。

逆に、体を小さく見せて、「自分は弱いから襲わないで」とアピールするときもあります。抱っこされたときなどに、しっぽをお腹にピッタリとつけて丸まるような格好をするときがそうです。無理に抱いたり、触ろうとしたりせずに、様子を見てあげましょう。

考え事をしているとき

しっぽの先をゆらゆらと揺らしているときは、何か考え事をしているときです。しつこくかまうと機嫌を損ねるかもしれないので、そっとしておいてあげましょう。猫の名前を呼んでも、面倒な場合にはフイっとしっぽを振るだけで、返事をしてくることもあります。

猫ともっと仲良くなるために

しっぽの動きを見て、猫の気持ちを察してあげられるといいですね。気持ちを読み取ってくれる飼い人間には、より心を開いて近寄ってきてくれるかもしれません。

一人暮らしが寂しさを癒してくれる、きれいなお魚さんたち

魚であれば一人暮らしの部屋でも飼うことができます。魚の種類によっては飼育方法が簡単で初心者向きのものもあります。水槽の中をゆらゆらと泳ぐ姿はきっと疲れた心を癒してくれることでしょう。「一人暮らしが寂しい」と感じている人にはおすすめのペットです。

一人暮らしのペットなら魚がおすすめ

魚を飼えば刺激のない普段の生活に刺激を与えてくれます。一人暮らしだとどうしても寂しくなってしまうという人にはおすすめです。アパートなどでも飼育することができる上、きちんと世話さえすれば飼うことができます。

きれいな魚が泳ぐのを眺めていれば、寂しさもまぎれます。色とりどりの魚が泳ぐ水槽を置くだけで、部屋の印象が変わります。まるで水族館にいるかのような気分になる人も。

飼うからには必ず世話をするようにしてください。餌やりや水槽の掃除をしていくうちに愛着もわきます。

簡単に買うことができるベタ

熱帯魚の一種です。コップでも飼うことができると言われるほど、飼育が簡単なお魚です。美しい色が特長です。ゆらゆら泳いでいる姿はとても優雅で、見ていて飽きません。

噛み付く性格なので同時に何匹も飼うのは避けましょう。一匹ずつ飼うことが基本です。餌は生き餌を好みます。イトミミズや冷凍赤虫を用意してあげてください。

見ていて癒される金魚

昔から親しまれてきたお魚です。縁日などで連れて帰ってきた金魚も上手に飼育することで長生きさせられます。ペットショップなどではさらに様々な種類がいます。自分の好みの種類を選んで楽しみましょう。

金魚鉢は酸素が少なくなりやすいため、初心者は水槽の方が管理しやすいでしょう。上手に育てるととても大きくなります。正しい飼育方法さえ守っていればとても飼いやすい魚です。

魚は正しい飼育方法を守っていれば比較的飼いやすいペットです。一緒に世話をしてくれる人がいないような、一人暮らしでも飼うことができます。初心者はまず、簡単に飼える魚を選んでください。

犬を飼うなら犬と人間は違う動物であることを理解してからにしよう

よく、ペットは家族の一員だと言いますよね。
それ自体は間違った事ではないのですが、ペットをまるで人間の家族のように扱う人も居ます。
あれも愛情の一つなのか、と思うかもしれませんがペットにとってそれはまるで幸せなことではないんです。

犬を人間扱いするのはダメ

ペットを可愛がりすぎるあまり、まるで人間の家族として接するような人がいますがあれは実はペットにとっても良くないんです。
特に、犬を飼う人に多いのですがこれは犬にとっても良いことではないんです。
犬というのは、社会通念感覚も生き方も生態も体の構造も全然人間とは違いますからね。
同じような扱い方をしていると、人間にとっては幸せなことでも犬にとってはそうでないこと、というのがたくさんあるんですね。
そういったことを起こさないために、犬に対して強い愛情を持つならばこそ、人間と犬というのは違う生き物なのだということをちゃんと理解して接しましょう。

犬を飼う上でダメな例

まずいちばんに挙げられるのが犬に服を着せることです。
飼い主からしたらペットがお洒落をしているようで可愛く見えるかもしれませんが、当然犬にお洒落なんて概念はありませんので全く喜んだりはしません。
そして、人間の服というのは体温調節のために着る物ですが犬は元来体毛という物を持っている上に、更に舌を出したりすることで体温調節を自分で行うことが出来ます。
だというのに服なんか着せたら体温が上がりすぎてしまって不快なことこの上ないんです。
更に、繊維の種類によっては皮膚病の原因になったりすることもあるんですね。

服が好きな犬なんかいない

よく、「うちの子は服を着るのが好き」という飼い主がいますがそんな犬は居ません。
飼い主が勝手にそう思いたいから言ってるだけであり、そしてもしも犬が服を着せても嫌がらないという事があればそれは服を着ると飼い主が喜ぶからです。
犬は飼い主が喜ぶ事を嬉しく感じるとても健気な動物なのです。
しかし、健康的な観点から見ると犬に服を着せても何一つ言いことはないのでやめましょう。

猫にとってもまたたびとはどんなものでどんな効果があるのかを解説していきましょう

猫の好物、というとイメージとして一番最初にあがるのはやっぱりまたたびではないでしょうか。
ネコ科の動物は、またたびを嗅がせると酔っ払うなんていいますがあれはどういう物なのか、ということについてを詳しく解説していきましょう。

猫にとってまたたびとは何か

猫にとってまたたび、というのは言ってみれば興奮剤や媚薬の香りのような物に近いです。
猫がまたたびを嗅ぐと転がったり頭を擦り付けたり興奮状態になることから酔っ払っている、というふうに称すことがありますが人間がアルコールを摂取して酔っ払っているのとはメカニズムが違います。
またたびには、アクチニジン、マタタビラクトンという成分が入っており脳の中枢神経を刺激して軽度の麻痺状態にさせるものなんですね。
ハーブなどにも近い物があるのですが実は猫がなぜこんな行動をするのか科学的には解明されていない、猫の謎の一つなんです。

またたびを与えること

基本的に、またたびを与えることに関しては危険はそれほどありません。
ですが、先程も言ったとおりまたたびは脳に作用するものなので当然ですが上げすぎてしまうと脳に負荷をかけてしまうことになりますので気をつけましょう。
飼い猫がまたたびを初めて嗅ぐ場合は、粉末状のまたたびを少し上げるようにして匂いを嗅がせるところから初めてみましょう。
ただ、出来るだけ成猫になってからの方がいいでしょうね、小さい猫の場合またたびに反応しないこともあるようです。
当たり前ですがまたたびは食べ物ではないのでご飯や水に混ぜてしまったりしないように気をつけましょう。

またたびの種類について

またたびには実は色んな種類があるですね。
まるごとのままの木の形の物だったり、粉末状の物だったりするのですが種類によって効果が違います。
またたびは、原型の形になるほど効果が強くなる傾向にあり粉末の物はそれほど効果が強くはないです。
なので、またたび初心者の猫にあげるならまずは粉末から始め、それが好きなようであれば液体、実、枝、葉という順番にしてあげるといいでしょう。

またたびを上げることのメリット

一番は猫にとって一緒の娯楽のようなものになることです。
だから、食欲がない時や元気が無いときなんかは少量あげてあげると興奮して喜ぶということもあるんですね。
他にも、運動嫌いで太ってきた猫を運動させるときなんかにも効果があるんですね。
玩具で遊ばせたい時、粉末や液体の物を塗りつけておくと効果があります。

主従関係をはっきりさせるための散歩を心掛けるようになった

愛犬に引っ張られる散歩が多く、自分が楽しむというより仕方なく行っていたのが私の散歩でした。しかしそれではだめなことを知りました。きっかけはリードの破損です。いろいろと調べてみると、愛犬に適した散歩方法がありました。

引っ張られない散歩

犬に引っ張らないで、こちらがリードする必要があることを知りました。リードは主従関係をはっきりさせるために必要な道具であり、決して犬先行で散歩をさせてはいけないようです。いままでの散歩といえば関心がある方に犬が先行し歩いていましたが、それを少しずつ修正していきました。長すぎないリードを新しく購入し、なるたけ距離感を維持することに意識を集中。こちらが引っ張るような散歩も少し抵抗がありましたので、1、2歩前を歩くように心掛けました。

自然と仲良くなれるような気がした

最初はなかなかうまくいかず、先に行かれることも多かったですが、少しずつ修正していくようになると、私が先に歩けるようになりました。そこから私の言うことを聞くようになり、知らない犬に吠えることもありましたが、注意することですぐにやめるようになりました。ここにこそ主従関係の大切さを理解できたような気がします。

そこから足りないものを補っていく

主従関係に力を入れていきましたが、それだけではまだまだ足りていないことに気付かされました。いつもトイレグッズは持ち歩いていましたが、もしものときのことを考えて行方不明になってしまうようなときのために、迷子札を用意しました。行方がわからなくなり、保護された結果、保健所に連れていかれたとしても、これがあるだけで持ち主がわかります。このような点を少しずつ補っていくことで、ますます愛犬に対しての愛着も湧くのが実感できるようになりました。

いまでは散歩することが楽しみに

自分の健康管理にも役に立つような気もしていましたが
、いまでは双方のために必要な散歩になっています。正しい散歩の方法を知ることができて、本当に良かったと感じています。

散歩を考えるようになって活動範囲が広がるようになった

以前までしていた愛犬との散歩は決められたルートを往復する毎日でした。ただペットである犬についていろいろ調べてみると、新しい発見も多かったです。そのひとつになるのがルートについて。考えを改めることによって愛犬にとっても、そして自分にとっても大きな変化をもたらすものとなりました。

ルート開拓の意味

同じものばかり見ていると人間も飽きてしまいますし、新しい発見を見つけることはできません。それは犬も同じようであり、違う風景を見せることによって社交性を身に着けるようになり、ストレスに対しても強くなることを知りました。そこからいろんなルートを開拓していきました。最初は犬の安全を確かめるためにひとりで歩いてみて、良さそうな区域であれば愛犬とともに歩くことを行いました。心なしか愛犬も喜んでいるようにみえ、足取りが軽いような感じがしました。

新しい発見がある

犬は話すことができませんので、どんなふうに感じているのかを知る由もありませんが、表情から覗うとなんとなく楽しんでいるような気もします。また新しいルート開拓をすることで、わたしにとっても発見があります。こんな居住地にカフェがあるのを発見したり、新しい抜け道を見つけたりできて、犬よりも楽しい発見ができるようになりました。

犬にとってもメリット

新しいものを見続けること自体にメリットがあるようです。知っているものであれば警戒心も薄れていきます。また新しいルート開拓をすることによって、同じ愛犬家の飼い主とわんちゃんに出会うことも多くなり、以前のような警戒心から出る吠えも少なくなりました。わんちゃん同士で仲良くなれているような気がして、愛犬にとっても良い環境のようです。

新しい発見を愛犬とともに

新しいルート開拓は、愛犬とそして私自身にとっても新しい発見ばかりになりました。散歩について考えることによって、新しい発見ができてよかったです。散歩のルートをいろいろと持つことで双方にとって大きなメリットが生じるようになりました。